映画

映画『search』PC上のみで描かれる「ネットあるある」に共感と恐怖が止まらない…

「物語がPC画面の映像だけで展開していく、全く新しいサスペンス・スリラー」

このキャッチコピー、予告編動画、そしてフォロワーさんの「この映画面白い!」というツイートに惹かれ、映画『search』見てきました。

 映画『search』公式サイト

 

たっつん
たっつん
ネット大好きSNS廃人の私にとっては、めちゃくちゃ面白い作品やった…!!!


今まで見たことない手法にワクワクしっぱなしで、2時間弱全くダレることなく鑑賞終了。
うーん、アイデアがすごい!

 


簡潔にいうと「インターネットあるあるムービー」

 

インターネット創成期を思い出させる懐かしい描写や、私達が毎日のように覗くGoogle、Twitter、Facebook、Instagramなども登場してくるので、スマホ世代の若い人たちでも「あるあるー!」と楽しめるそんな映画です。

では、searchあらすじと感想紹介していきます。

 

※現在公開中の映画なので、物語の核心に触れるネタバレは書かずに紹介していますが、感想を語る上で少しストーリーに触れている部分もあるので、読む場合は自己責任でお願いします。

 

 

映画『search』あらすじ

物語がすべてパソコンの画面上を捉えた映像で進行していくサスペンススリラー。16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として捜査が開始されるが、家出なのか誘拐なのかが判明しないまま37時間が経過する。娘の無事を信じたい父親のデビッドは、マーゴットのPCにログインして、Instagram、Facebook、Twitterといった娘が登録しているSNSにアクセスを試みる。だがそこには、いつも明るくて活発だったはずの娘とは別人の、デビッドの知らないマーゴットの姿が映し出されていた。
search サーチ : 作品情報 – 映画.com

 

映画『search』は、物語が全てPC上で進行していく斬新な作品。

主人公は父のデビッド。そして娘のマーゴット。
家族だから娘のことは何でも知っている、と思っていたのに。

 

ある日を堺にマーゴットと連絡が取れなくなり、不安に思ったデビッドは知人に連絡を取ってみると、マーゴットが行方不明になったことが発覚する。

インターネットサービスをフル活用し、マーゴットの居場所を探し出そうデビッド。
そして、次々と判明する不可解な謎とマーゴットの秘密。

デビッド「一体、マーゴットの本当の友達は誰なんだ…???」

 

娘の行方の手がかりは、24億8千万人のSNSの中にある。

デビッドは果たして、真実にたどり着くことができるのか。

 

 

映画『search』感想

※物語に触れるにあたって、確信的なことは書いていませんが軽いネタバレ(ストーリーの流れ)が含まれています。全く予習せずに映画を見たい人はここすっ飛ばして、映画館へGO!

 

特にWindowsが一般家庭に普及し始めた90年代から現在にかけて、インターネットに触れてきた世代にとっては、めちゃくちゃ楽しめる作品でした。

例えば冒頭、デビッド、パム、幼少期のマーゴット家族3人の思い出をXPの画面上で、観客と共有していく。

カレンダー、Windows Media Player、YouTubeの動画…

いつも馴染みのある画面がでてくるので、まるで現実の世界の出来事をリアルタイムで見ているような感覚に陥りました。

 

 

数年前サポート終了したXPで操作していたところから、現代のiMacに切り替わり…

時間が過ぎたことを語ることなく、そのPCの変化だけで時間が流れたことを表現するそのスマートさ…!すげぇ…!

 

鑑賞前は「PC上だけで物語を伝えるなんて、できるのか?」と少し不安に思っていたけど、実際に見て次々と表現される演出方法、アイデアに感動!

 

 

例えば、FaceTimeの通話画面でデビッドの表情が読み取れたり、外部的な情報はYouTubeやメディア記事上で表現されたり…。

個人的に好きだったシーンは、マーゴットに送るメッセージ入力画面だけで表現されるデビッドの心境。

 

一人娘のマーゴットは親の心子知らずって感じで、デビッドとの連絡も適当な感じ。
一方かわいい娘が心配で仕方ないデビッド。

 

マーゴットと連絡が取れなくなり、連絡が取れなかった理由を知った後のデビッドがハチャメチャにメッセージ入力する描写が最高でした…!!(笑)

 

 

あと、入力した文字を少し考えてから、全部消して結局送らないという細かな描写も、テキスト画面ながら、言語外のメッセージや心情がたくさん詰め込まれててすごいよい〜〜〜

 

あとは、映画館のどでかいスクリーンに、iMacの起動画面と起動音が「ジャーン!」と鳴り響いた時は全身鳥肌が止まらんでした。

 

 

多分「インターネットあるあるが面白い!」「SNSの表現面白い!」って語られる映画だと思うんですが、私がこの映画を面白いと思ったのはSNS演出の部分だけじゃなくて、現代のSNSにまつわる皮肉みたいなものがバッチリ効いていたから。

 

YouTube欄に並ぶアンチコメント
いいねが欲しくて発信される同情コメント
著作権を無視したコラ画像

あとは、ネットに個人情報をオープンにすることの恐ろしさを感じさせる作品でもありましたね…。周りに顔出しのブロガーさん多いから、つい麻痺しがちやけど、今一度自分の個人情報の扱い方を見直そうと思いました…

 

ネットがオープンなツールになってきた時代とはいえ、なんでもかんでも信用しすぎちゃあかんなー。

 

たっつん
たっつん
まずは、パスワード管理ちゃんとしないと…(笑)

 

まとめ

インターネット大好き廃人の方におすすめしたい映画でした!

斬新なアイデアに圧倒されながらも、表現方法だけにこだわりが偏ってるわけじゃなく、ストーリーや展開もちゃんと面白くて良作!

 

終始、「デビッド!がんばれ!がんばれーーー!」って気持ちで、父と娘の絆が描かれるシーンではボロッボロに泣きながら見てました。笑

 

インターネットあるあるでくすっと笑いたい人、そして家族の絆を再確認したい人におすすめの映画です。

 

めっちゃ面白いのでぜひ見に行ってみて下さい!

 映画『search』公式サイト

 

 

そういや、数日前に「親からのLINEが頻繁に来すぎてうっとおしい!」みたいなツイートしたんですが、もうちょっと母とのコミュニケーションも大事にしようと思いました…笑

ABOUT ME
たっつん
たっつん
アラサーサブカル女、たっつんです♪ 映画、漫画、猫が好き。 現在はブロガー・イラストレーター・デザイナーとして活動中。 田舎に住みながらゆるくフリーランスしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。