サブカル

【おすすめ】星野源アルバム『YELLOW DANCER』がセクシーで踊れて最高に気持ちいいっ!


今もっとも勢いのあるエロやかアーティスト、星野源。

音楽活動だけじゃなく、コウノドリにも出演したりと今大活躍中の星野さんが去年の年末に発売した『YELLOW DANCER』が…

めっちゃよかった!良アルバム!!!

久々にPerfume以外のアーティストで久々にCD買ったんですが、もう大満足。
踊れる邦楽。サイコー!

本日1月28日は星野さんの35歳の誕生日ということで、曲それぞれの感想など書いていきます。

星野源アルバム『YELLOW DANCER』全曲レビュー

オリコン週間アルバムランキング初登場1位を取った『YELLOW DANCER』

去年発売の、男性ソロ・アルバム最高初週売り上げを記録したりと、CDが売れないと言われているこの時代に、初週でなんと売り上げ10万枚越え。

 

現在、”音楽CDアルバム大賞”にも候補として、ノミネートされている『YELLOW DANCER』なんですが…

 

めちゃ踊れる!そしてセクシー!

 

なんだこれは!?これがJ-POPなのか!?
お、踊りたい…!あ、脚が勝手にステップを…!

と、思わず腰を振りながらステップ踏んで、ノリノリで踊りだしてしまう曲があったかと思えば、今度は官能小説を朗読されているかのような、静かで美しくもエロティックな光景が思い浮かぶ繊細な曲の数々。

踊ったり正座して聞き入ってしまったりと、とにかくじっとして聞いていられないアルバム。

あ、身体が勝手にぃいい~~~

では、1曲ずつ紹介していきます。

1.時よ


1曲目は、現在、ユーキャンのCMにも使われている「時よ」

タイトルには「東京」という意味が込められて、「東京」というタイトルの曲は、暗かったり切ない歌が多いから、あえて明るいテンポでと作られたそう。

MVの振付がかなり特徴のあるダンスだったから「もしかして…」と思って調べてみると、やっぱりPerfumeでお馴染みMIKIKO先生の振り付けだったー!

個性ですぎィ!一緒に踊ってる女性の100点の太ももも素晴らしいッ!

時よ
星野源
J-Pop
¥250

2.Week End


2曲目は、現在、めざましテレビのテーマソングにも使われてるWeek End。

曲調は爽やかで「目が覚めたら君をつれて未来を今踊る」と、朝の目覚めにぴったりな曲…と思いきや、

実は「週末の街角 朝まで身体を交わそう」なんて歌詞があったりして、ひっそりとエロい!

ちなみに本人曰く「@@@@してぇえ!」ソングだそう。
えー、私もこの曲聞きながらしたーい♡笑

こんなにオープンなのに、女性人気高いってなんなんやろ。
星野源ファンはみんなドスケベなのかな?♡

最後の「la la la~」のスキャット部分も気持ちいい。
晴れた週末の休日の朝に聞きたい曲ナンバーワン。

Week End
星野源
J-Pop
¥250

3.SUN

3曲目はドラマ『心がポキッとね』の主題歌、SUN。

とにかく明るい曲を作りたいということで作られた1曲。
この曲から星野源知ったー!って人も多いんじゃないでしょうか。

それまでは割と「暗い曲を歌う」という印象があった星野源のイメージを、一新する曲だと思います。
踊る星野源!!!

この曲、実は「バナナマンのバナナムーンGOLD」というラジオ番組内で、日村さんに作ったバースデーソングの要素が小ネタのように盛り込まれた、バナナマンファンなら思わずニヤニヤ顔になってしまう1曲なんですよね。

「SUN」というタイトルも、実は日村さんの「日」から発想を得たんだとか。
そういや、ダンサーの女の子達も日村さんみたいな公然猥褻カット…なのも意図的?(笑)

「日村近寄るな~♪」からこんなステキソングが生まれるとは。

星野源、才能の塊。

SUN
星野源
J-Pop
¥250

4.ミスユー

ミスユー
星野源
J-Pop
¥250

4曲目はぐっと落ち着いた雰囲気のミスユー。

冒頭3曲からの突っ走ってきた感を、この曲で一度クールダウン。
いわば、箸休め曲。

始めに勢いのある曲持ってきちゃうと中盤ダレたりするんですが、この曲があるおかげでダレることなく、

5曲目「soul」6曲目の「口づけ」

と流れるように聞き入ることができました。

5.soul

Soul
星野源
J-Pop
¥250

Week EndやSUNもそうだけど、これまでのアルバムって日本語のタイトル曲(もしくはカタカナ表記)が多かったのに、このアルバムでは、英語表記のタイトルが多くなりました。

私はこのアルバムのキメキメ感溢れる星野源も好きだけど、初期のあの素朴な感じが好きなファンもいるだろうなぁ。

6.口づけ

口づけ
星野源
J-Pop
¥250

はい!タイトルからしてセクシー!

キスって色んな言い方があるけど「ちゅう」だと子供っぽすぎるし「接吻」は堅苦しいイメージ。

「口づけ」って響きの程よいエロス加減がもうたまらん。

今までのイメージって「不器用で素朴な塩顔男子!」みたいな印象だったんだけど、このアルバムは「大人、星野源」のエロスがビンビンに感じられる。

「繰り返す一度しかない 夜と朝の口づけを」って、禁断の愛を描いた曲!?

この2人は朝と夜にしか会えない関係なのかなとか色々妄想する。
そうだ、星野さんのエロさって、「妄想させる」エロさなんだ。だから下品さもないんだ。高等エロス。

「揺れる赤い花が枯れなければいいのに」ってフレーズは、大好きな美女と野獣を思い出す。好き。

7.地獄でなぜ悪い

4〜6曲目の心地いいメロディにうとうとしていたら、7曲目「地獄でなぜ悪い」で

「おいコラ!癒されるな!踊れ!!!」

と叩き起こされる感じ。

んー、いきなりドS。笑

園子温監督、映画『地獄でなぜ悪い』の主題歌だったこの曲は、変わったPV記事でも紹介していたんですが、星野源ワールド全開です!

地獄でなぜ悪い
星野源
J-Pop
¥250

映画『地獄でなぜ悪い』も見たけど、星野さんって
「冴えない男」の役やらせたら、ピカイチだなあと。

8.Nerd Strut (Instrumental)

Nerd Strut (Instrumental)
星野源
J-Pop
¥250

地獄でなぜ悪いで大暴れした後、突如始まる8曲目のインスト曲Nerd Strut。

インストといえばかつて活動していたSAKEROCKを彷彿とさせる。

SAKEROCKへの決別と感謝の気持ちを込めた1曲のように聞こえた。
マリンバの音が心地よくて、ついつい料理始めちゃいそうになっちゃう、そんな曲でした。

9.桜の森

9曲目は7枚目シングルの桜の森。

イントロからして美しい。そしてエロい。

歌詞も
「あそこの森の満開の下は」
「君もその他も胸を開け脚を開け踊るならば」
「僕はそれをただ見つめてる」

などなど気持ちいいメロディに似合わない怪しいワードが。笑

本人曰く「僕はただ見ている」という歌詞は、
「上に乗ってくれている時の女の子を見ている」というイメージだそう。

どストレートなエロさ、大好きです。

管楽器の音色やクラップ音など、とことん気持ちいいメロディに甘い歌声が乗せられていて、思わず耳が妊娠しそうな1曲でした。

桜の森
星野源
J-Pop
¥250

10.Crazy Crazy


こちらも両A面だった7枚目シングルから。

病気から復帰後に作ったという影響もあってか、歌詞は少し死生観色が強いけど、メロディがとにかく明るい星野!

Crazy Crazy
星野源
J-Pop
¥250

11.Snow Men

二階堂ふみとのW主演映画「Snow Beauty」の主題歌。

ふぉぉ…この曲が一番好きかもしれない…これはエロい…エロすぎるぞ、スーパースケベタイム!

星野さんの曲には「暗くて辛い事を明るいメロディに乗せて歌う」という一貫した世界観があるんですが、この曲は

「エロいことをいかに美しく歌えるか」

にチャレンジしたそうです。
バカだなぁ(好き)

そして、星野さん曰く『君の中を泳ぎながら』『山上を越えた』は女の子の上を泳いで、ふたつの山上を目指すイメージ。

で、『胸に降り積もる光』っていうのは、そのふたつの山上にしゃ…して…

ってそ、そんな曲なの!?そんな事言っちゃって大丈夫なの!?ちょ!?ってくらい曲調から受けるイメージと、曲に込められたテーマみたいなのがまったく違う印象の曲でした。笑

Snow Men
星野源
J-Pop
¥250

12.Down Town

Down Town
星野源
J-Pop
¥250

これもWeek Endのような聞くと街へ飛び出したくなるような、明るい気分になる曲。

13.夜


星野源
J-Pop
¥250

ここまで新しいスタイルの星野源という曲が続き、この曲は初期の「ばかのうた」や「エピソード」を思い出させてくれるようなそんな1曲。

14.Friend Ship

ラストはピアノ伴奏から始まるFriend Ship。

Snow MenからFriend Shipの流れは、雪が溶けて寒かった冬が終わり、やがて出会いと別れの季節、春がやってくる…そんな光景を想像させる曲順でした。

Friend Ship
星野源
J-Pop
¥250

まとめ

以上、『YELLOW DANCER』全曲紹介でした!

エロやかでとにかく耳が気持ちよくて、恥ずかしがり屋の日本人でもついつい踊りだしてしまうようなそんなダンスミュージックがあったり、一日を振り返る時に落ち着いて聞きたいと思える曲があったりと、とにかく表情豊かなこのアルバム。

今までは生活の一部を切り取ったような優しい印象の曲を歌っていた星野源さんですが、このアルバムで大きくイメージが変わりました。

10万枚売れたという理由が素直に納得できる。

売れない時代だと言われてても、作り手が死ぬ思いで生み出した本当にいい作品は若い人にもしっかりと伝わって、みんなちゃんと買うんだなって実感できた1枚でした。

これまでの星野源の集大成のような踊れて歌えて、そしてエロい。
本当に素晴らしいアルバム。
間違いなく2015年の名盤。

これからのライブも楽しみである!!!

星野源さん、改めて35歳誕生日おめでとう!

これからも長く辛い人生の一瞬を華やかに彩るような優しい曲を、そして少年のような無邪気で素直なエロさを持った星野さんでいて下さい。

ナイススティック!!!

 

 

関連記事
≫【ファンが選んだ】星野源のおすすめ本3冊紹介します