書評

自己肯定感が低かった原因がわかった『わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます』感想。

女性
女性
どうして、みんなができる簡単な仕事もできないんだろう…。人間関係もうまくいかない…。どうして私はこんなにポンコツなの…?涙
たっつん
たっつん
こんにちは、支払いを後回しにしていて、ネットと電気を数回止められたことがあるたっつん(@tatsuun7)が、あなたのそのお悩みを解決する本を紹介します。

あなたはこんな事で悩んでいませんか?

  • マニュアルがある電話応対や事務作業等、周りの人が普通にできることをなかなかできない
  • 重要な仕事のタスクを先延ばしにしてしまう
  • 人間関係が短期で破綻してしまう
  • 家族や恋人と話し合いができず、いつも喧嘩腰になってしまう

これ、私が過去に失敗してきた事例です。笑

 

この記事を書こうと思ったきっかけは、徳井さんの税金未納の件で「ADHD」がトレンドワード入りしていたから。

 

私も人間関係や仕事でつまづく経験が多くて、ずっと「もしかして、私ADHDなのかな…」と思うことが多かったんですね。

さすがに税金はちゃんと納めてるものの(確定申告は確定申告ソフトがあるおかげで生きられてる)

恥ずかしながら、公共料金の支払いをつい後回しにして、ネット止められたり、電気止められる経験がこの1年で結構ありました。

なので、今回の徳井さんの件をツイッターで知って、他人事とは思えなかった。

 

後回しにするクセや人間関係を壊してしまう自分の癖をなんとか改善したかったし、適切な対策を打ちたくて、ADHD女性について書かれた、精神科医司馬理英子さんの本『わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます』を読みました。

そしたら「やっぱり…めっちゃ当てはまる…」と腑に落ちるところが多かったので、今回はこの本を紹介していきます。

この記事でわかること
  • 仕事タスクを先延ばしにしてしまう時の対処法
  • 自ら人間関係を壊して、恋愛がうまくいかない人のための処方箋

『わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます』あらすじ

わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます

「片付けられない」「ミスや遅刻が多い」「おちつかない」
そんなあなたは、もしかして、ADHDガール?

そんな困り感は、仕事でのミスや日常生活にかぎりません。

自分を責めて嫌いになってしまう一番の原因は、人間関係のトラブルかも。

ダメ男を選んでしまう…
夫と話し合いにならない…
上司とモメる…
遅刻ばかりで友達がいなくなる…

恋に仕事に頑張るADHDガールを「漫画」「ケーススタディー」「ゆるっと川柳」で楽しくサポート!
自分の特性を知って、人間関係の苦手に気づけば、恋も仕事もうまくいく!

わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます。 -Amazon-

 

最初に少しだけ漫画が差し込まれていて、パラパラと読んだんですが

わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます
出典:『わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます』

読みはじめて、数秒で

たっつん
たっつん
なんやこれ…私めっちゃ当てはまるやん…(笑)

って共感の嵐でした。

『わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます』感想

そもそも、この本を手に取るきっかけになったのは、私の低すぎる自己肯定感を高めたいと思っていたからです。

去年から一人暮らしを始めたんですが、生活タスクにかかるリソースが多く、エネルギーが散漫になる事が増え…。

今年にかけての1年間で、環境が変わったこともあり、人間関係も仕事もたくさん失敗を経験しました。
(ご迷惑かけた方々に本当に謝りたい…)

 

「なんで、私はこんな事もできないんだ…!」と、自分を責め、自信を失うことも多くなっていて。(責めても意味ないのにねw)

それでも「なんとかいい方向に持って行かなきゃ!」と思っていたので、ユング心理学を勉強しているありぴーさんという方に自己理解についての相談をしていました。

そしたら、「自分自身と向き合う時間を持ったほうがいい」とアドバイスをいただいたので、苦手だったけど、自分自身と向き合う時間を積極的に増やすようにしたんですね。

 

手帳に思いを書き綴ったり、頭の中で自分と会話したり、自分の感情に寄り添ったり。

そうして、私自身と向き合う時間を作った結果、行き着いた先は「自己肯定感」

「このままじゃ、あかんわ。まずはこの低すぎる自己肯定感を高めよう。しかしどうしたらいいんかな…?」

自己肯定感の高め方を調べていた時にヒットしたのが、灯台下暗しというメディアに書かれていた「ADHDの私が自己肯定感を得られた理由」でした。

そもそも、仕事や人間関係で失敗している人間が「この低すぎる自己肯定感を高めるには〜」ってアプローチ間違ってるやん!と思うんですが(笑)

仕事や人間関係を円滑にさせる本を読めって話ですよね。笑

でも、結果的に「自己肯定感が低くなっていたのは、ADHDの気質があるからなのか…?」というまた別の手がかりにたどり着けたから、よかったのかなと。

原因がわかれば、対策が打てる。

 

ってわけで、前置き長くなりましたが、打開策を見つけたくて手に取った『わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます』

この本の中で、私が特に参考になったのは

  1. 仕事タスクを後回しにしてしまう理由&改善法
  2. 結婚を避けてしまう理由&改善法

この2点です。

 

まず、仕事について。私、本当に仕事タスク溜めてしまうんですよね…。

  • メールの返信が億劫になる。
  • ルーティンワークは好き。だけど、新しいタスク処理が苦手。
  • 数字?管理?やだ、見たくないんやけど!

 

実家暮らしの時は仕事にさえ集中してればよかったので、割とタスク貯めずにこなせていたところが、一人暮らしし始めたら、

  1. 生活タスクが増えてエネルギーが分散しやすくなった
  2. ウィルパワーの欠如

で、タスクが滞りやすくなってきました。

(ウィルパワーは自分で物事を決める意志力のこと。タスクをこなす度に段々目減りしていく力。詳しくはメンタリストDaiGoさんの『自分を操る超集中力』読んでみてください。)

 

ADHDガールは優先順位をつけるのがヘタなので、漠然としたタスクをこなすのが、とても苦手です。

例えば、

「部屋が汚くなってきたから、掃除をしよう」
「溜まってきた仕事を処理しよう」

など。

こういうタスクの場合だと、どこから手を付けたらいいのかわからなくなって、結果後回しにしてしまう…。ということが起こるので

「部屋が汚くなってきたから、まずは机の上から片付けよう!」
「仕事が溜まってきたから、まずは今日中にこなす仕事を書き出そう」
「この書類を作るのに必要な情報を、まずは1つ探そう」

という具合に、漠然としたタスクを細かくわかりやすく着手しやすいレベルまでわける。

たっつん
たっつん
大きなタスクを細分化して、着手するハードルを下げていこうって事やね…!

ステップ1 タスクを細かく書き出す
ADHDガールの仕事のポイントは、タスクを紙に細かく書き出すこと。このとき、ゴールが見えやすいように、仕事を小分けにして整理します。

企画書を作成する場合、大くくりに「企画書を作成する 」とするのではなく、とにかく細かく書き出していきます。
関連する資料を探す 15分
みつけた資料に目を通す 15分
企画に必要な箇所に付箋を貼る 15分
付箋を貼った箇所を参考にしながら、企画の概要を考える 20分
このように仕事を小分けにすることで、取りかかりやすくなるだけでなく、所要時間を把握できるようになります。

出典:わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます。 -Amazon-

最初の着手するハードルを下げることで、後回しグセも少しは改善されるはず。

 

仕事のタスクマトリックス

あと、過去に図解ツイートしたんですが、仕事溜まってきてパニックになったら、仕事の優先順位を決めるマトリックスを作るのもおすすめです。


脳内にタスクを溜めている状態だと、リソース食って負荷がかかるので、

  1. まずは抱えてるタスクを全部書き出す
  2. できる限り優先順位をつけていく

デジタルでもアナログでもいいんですけど、書き出して可視化するのが大事ですね♪

たっつん
たっつん
またタスク溜まってきて後回しにしてること増えてきてるから、書き出そうっと…。

 

あと、恋愛でも失敗することが多かったんですが、自分と向き合った結果。

「自分の家事・生活能力に自信がなくて、本当の自分を知られたら失望される。」
「だったら、親密な恋愛を築くことは無駄なんじゃないか(というか怖い)と思っている。」
「だから、恋愛の最終ゴール”結婚”に対しても、抵抗感を感じるんじゃないか」

という答えに行き着きました。

実際、長年付き合っていた恋人と結婚するってなった時も怖くて逃げ出してしまったし、結婚したいって言ってくれる優しい男性に出会えても、ちゃんと向き合うのが怖くて振ってしまったり…。

それでも、「変わりたい!」「もっと良くなれる」「私は幸せを受け取る」と決めたので、パートナーシップの場面でアプローチを変えていくようにしました。


いいなーと思った人には「私、料理はめっちゃ好きやねんけど、部屋の掃除が苦手なんだよねーw」とかなるべく、心の内をポップに打ち明けたりするようになりました。笑

心開くのは怖いけどね。嫌われるんじゃないかなとか思うし。

それで去っていく相手は、まぁ合わなかったんだなと仕方がないと割り切って。

 

それから、今は家事代行とかルンバとか、ズボラさんでも生きやすくなる頼れるサービスがいくらでもあるから、そんなに思い悩まなくていいんよね。

自分のマインドセットを変えるには、こういうサービス使ってみるのもいいなって思ってます。

こうした結婚への不安感や恐怖心が、無意識に結婚につながらない恋愛、ワンナイトラブや不倫などを選んでしまっているのかもしれません。

 

でも、あなたが実は結婚もしたいし、子どももほしいというのであれば、必要以上に怖がらないこと。少しずつやっていけば家事や育児のスキルはアップします。

 

「完璧にできないと失格 」と思う人もいますが、7割できればよしとしましょう。多少部屋が散らかっていても、子どもがすくすく元気ならまずはOK。女性としての自信がなくても、少しずつ自信をつけていけばいいのです。

特に、最後の文章に救われました。涙

「完璧にできなくてもOK!まずは7割できてたらOK」って自分に花まるをつけてあげましょう。

少しずつ自信とスキルをつけていこう♪

まとめ まずは自己理解を深めて、問題に対処&工夫を

『わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます』まとめ
  1. 自分の特性を知ること、理解した上で対処法を試す
  2. 自分を責めすぎない
  3. 私でも少しずつ変われる!と信じてあげること

自分の特性を知ったら理解して、その特性に対してどう対処してあげるか実践できたら少し生きやすくなっていくんじゃないかなって思います。

まずは、自己理解から始めていきましょう〜!

ABOUT ME
たっつん
たっつん
アラサーサブカル女、たっつんです♪ 映画、漫画、猫が好き。 現在はブロガー・イラストレーター・デザイナーとして活動中。 田舎から大阪に引っ越しして一人暮らししながらフリーランスしてます。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。