海外留学

【セブ島留学 day10】30歳、初めてのおつかい in フィリピン。

たっつん
たっつん
Hi, I’m Tattsun! I have a little sick. こんにちは、たっつん(@tatsuun7)です。ちょっと風邪気味です。

毎日食堂でブログ更新してます。

 

1月15日から少し体調良くないなーと思いつつ、早めに寝たんですが…

がっつり体調崩してしまいました(´;ω;`)

 

フィリピンって熱い国やし、風邪とかひかへんと思ってたのに…涙


今月20日に「シヌログ」っていうフィリピン最大のお祭りがあるんですが、そのお祭りの演奏練習がこないだから始まって、夜中23時ぐらいまでずーっとめちゃくちゃうるさいんですよね…。

その演奏のせいでぐっすり眠れないのと、シャワーがほぼ冷水という修行なのと、教室のクーラーが効きすぎてることもあり、色々コンボで風邪ひいちゃったみたいです…(笑)

 

たっつん
たっつん
熱はないっぽいけど、喉がガラガラなのと鼻水ダラダラなのが地味にツライ…涙

 

で、とりあえず持ってたビタミン飲みまくって、ルームメイトのリホちゃんがくれた漢方薬を飲んでごまかしつつやり過ごそうと思ってたんですが。

たまたま運がいいことに、今日は学校にドクターが来る日だったのでスタッフに伝えて見てもらうことにしました。

(サウスピークでは、毎週水曜日がドクターが診断に来る日です)

 

お昼時、部屋で仮眠取っているとスタッフさんが起こしにきてくださって、「EOPラウンジにお医者さんがくるから降りておいで」と言われました。

 

「症状とか英語でどうやって説明したらいいんやろ…。単語だけでも調べておくか…」

とドキドキしながら待っていると、フィリピンのお医者さん2人と日本人の女性が1人きてくださってめちゃくちゃ安心。

 

たっつん
たっつん
に、日本語で通じる!さすがに症状を英語で言うのは私には無理やなと不安やったから、よかったーーー!

 

症状を女性に伝えながら、医者に喉だけ診てもらってお薬をいただくことに。

その通訳の女性から

  • 熱がないし感染症的な病気ではないこと
  • フィリピンではインフルエンザ等の検査がなくて、薬を出して対処する
  • 薬の飲み方

を教えてもらいました。

 

そのあと、薬をもらえるのかと思いきや、

医者「じゃあ、処方箋出しとくから、自分で薬もらってきてね」

と。

 

え、海外で一人で薬買いに行くの!?!

 

あまりにも大冒険すぎて、一人で行くのは不安すぎる…。どうしよう…

どうしようかなーと悩んでたら、ユミさんとともさんが「僕らも買いたいものあるし、一緒に出掛けようか」と言ってくださって、助かりました(´;ω;`)ありがたやーーー!

 

たっつん
たっつん
普通に買い物行くのでもドキドキなのに、薬局で薬もらうって結構なミッションよね…(笑)

 

授業中は、マスクしてるからか先生から

先生「What’s happend?(どうしたの?)」

って聞かれまくり。

「咳はないけど、鼻水が…」って言いたかったんですが、言葉がでてこず鼻をふくジェスチャーしてたら、

先生「Runny nose!」

って教えてもらって。

 

ところが、先生が言う「runny」って「running」に聞こえるんですね。笑

「runny」を「running」と聞き間違えて「running nose…?」って言ったらめちゃくちゃ笑われましたwww

 

先生「Not running. (走る動作をしながら)」
私「えーーー?(runningじゃないのかwww)」

 

あと別の先生と「Do you have medicine?(薬貰ったの?)」って話になり

私「No I have. All class finished after I go to drug store.(ううん、授業終わったらドラッグストア(薬局)に行くんだ)」

って言ったら…

 

先生「Do you want a drug???(クスリが欲しい?)」

 

って怪しい顔で言われて、冗談とわからず普通に「Yes!!」って答えちゃいましたwww

drugも薬って意味やけど、文脈によっては違法薬物の意味になるので、より正確に伝えるにはmedicineを使うのが正解です。

 

 

発音矯正のレッスンでは、風邪のせいでなかなか声が出せず

先生「Are you ok? Voice is ボェ~~~(ガラガラの声出しながら)」
私「www」
先生「Not throat 喉じゃなくて、お腹から声出すといいよ!」

発音矯正の授業は毎回喉がガラガラになって大変。。。

 

授業が終わって、みんなでご飯。

お医者さんからは「エスカリオモールの近くに薬局あるよ」と教えてもらったんですが、ともさんに「そっちじゃなくて、向かい側に薬局あった気がする…」と教えてもらったので、サウスピークがあるウィンランドタワーからでて、5分ぐらいのところにある「CAPITAL SQUARE」へ向かうことに。

 


探していると薬局発見!!!
あったーー!!!

恐る恐る奥のカウンターに処方箋を出すと…

staff「This?(薬の名前を指さして)」
私「Yes. I want it.」
staff「This?(別の薬を指さして)」
私「Yes.」
staff「…All?」
私「Yes.」
日本では処方箋に書かれてる薬を全部もらえるけど、フィリピンではほしい薬だけ指定ができるのかな?そもそもこれ処方箋なのかも不明やし。笑

薬確認しながら1140ペソ払って、無事に薬ゲット!!!

ともさん、ユミさんもらえました~~~(´;ω;`)

海外でお薬をもらうミッション無事成功。笑

そのあと「そういや付箋がなくて…」という話をしてたらユミさんが「文具屋さん近くにあるから行く?」って言ってくださり、CAPITAL SQUAREから10分ぐらい歩いたところにある文具屋さんへ。

アヤラモールにもあった同じお店なんですが…

付箋あったーーーー!!!!

ちなみにフィリピン製の安い付箋もあったんですが、ユミさんいわく「全然ノリが粘着なくてダメだったw」と教えてもらったので高いけどちゃんと日本製の付箋を買いました。

 


そのあとロビンソンってスーパーマーケットに行ったり、セブンイレブン寄ったりいっぱい探索したーーー!

みんな結構外出してるんだなあ…ずっと引きこもってたから知らなかった(笑)

そういや、保険の請求するのに、レシートがいるって言われてたっけ、なくさないように大事に保管しとこう…

ってあれ???レシート入ってない…!!!涙

今日はもう遅いし雨も降っててこれ以上風邪ひいたら困るし、また明日改めて貰いに行こう…!(ゆうて2,000円ぐらいやったからもういいかなとか思ったり。)

私今まで海外行ったことなかったから海外保険のことよくわかってなかったんですが、どうやら楽天カードで海外付保保険ってのがあったから、それを今回は利用しました。
(条件があって、渡航の飛行機代を楽天カードで支払いしたら適用される)

これがもし楽天ゴールドカードとかプレミアムカードならキャッシュレスで自動で請求してくれるからもっと便利なのかーと思ったり。

結構頻繁に海外旅行する人は、楽天ゴールドカードか楽天プレミアムカードがおすすめです。

また、現地で引き落とすようにエポスカードも契約して持ってきてたんですが、こっちも海外保険ついてるようです。

初めて薬もらうってので、めちゃくちゃひやひやしたけど、無事にもらえてよかった~~~やればできるやん!(笑)

ABOUT ME
たっつん
たっつん
アラサーサブカル女、たっつんです♪ 映画、漫画、猫が好き。 現在はブロガー・イラストレーター・デザイナーとして活動中。 田舎から大阪に引っ越しして一人暮らししながらフリーランスしてます。

社会人の私が留学に選んだのは、セブ島にある本気留学のサウスピーク!
サウスピーク

社会人になって人生で初めての海外留学を1ヶ月間してきました。

私が留学したのは本気留学で有名な、サウスピーク校です。

  1. サウスピークは本気留学!毎日10時間勉強できる環境だから、成果が出せる
  2. 優秀な講師陣が揃っているから、安心して勉強できる
  3. フィリピンは欧米に比べて、格安の値段で留学ができる

TOEIC350点の超絶英語初心者でしたが、サウスピークで1ヶ月間の英語レッスンを受けた結果、人前で英語スピーチできるレベルにまで成長しました。

サウスピークはスパルタ教育で有名ですが、今年こそ英語力をあげたいと思っているあなたにおすすめの学校です。

そこで、この記事を読んでくださったあなただけに特別に、サウスピークの留学費用が割引になるクーポンコードをプレゼントしています。

割引クーポンコードプレゼントをご希望の方は、下のお問い合わせフォームか、私のTwitterアカウント(@tatsuun7)DMにて「クーポンコードの件について」と明記の上、ご連絡下さい。

 

 セブ島留学費用が割引になる
クーポンコードをもらう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。