腰痛

【ぎっくり腰体験記】もう許して!恐怖のくしゃみ地獄!(再発予防編)

たっつん/イラストレーター

くしゃみが怖い。これ、はっきり言って地獄だ…。

ぎっくり腰体験記、その1はぎっくり腰になってしまった話

詳細記事▶ぎっくり腰発症編:26歳なのにぎっくり腰!?その1

その2では初期対処法を書きました。

詳細記事▶ぎっくり腰対処法編:マッサージ、整体、お風呂 その2

今回はぎっくり腰予防編として

「恐怖のくしゃみ地獄」

をお送りします。

くしゃみが怖い

ぎっくり腰になってから三ヶ月目くらいのこと。
私は前職を辞め、新しい環境で働き始めました。

整体、ストレッチ、運動のかいもあってか、再発する事もなく順調に過ごしていたんだけど、2月という寒い時期、私は風邪をひきかけていた事と持病の花粉症もあって

くしゃみ地獄に陥りました。

くしゃみという生理現象は、ぎっくり腰経験者には死に値する行為である。

恐らく、ぎっくり腰の辛さがわからない人にとっては全く理解されないでしょう。

「くしゃみが怖いってなんだよwww」

って。

あのね、くしゃみする時って、腰にかなりの衝撃が加わってるんですよ。健康な腰だと全く問題ないんだけど、ぎっくり腰持ちだと事情が変わってくる。

油断してくしゃみでもしようもんなら

私(あ…くしゃみでそう…)

ハクシュン!


腰「ビキィイイイイ!!!」

(何かが激しく痛む音)
(そして、腰から崩れ落ちるアラサー女)

こんな感じになります。

くしゃみの衝撃って凄まじくて

速度に換算すると新幹線レベルの時速320kmも出てるんだって。

そんなスピードで息をはいてるんだから、そりゃ腰にもものすごい負担かかるはずだよね。

それからくしゃみが怖くなってしまった私は、仕事中や電車移動中に鼻がムズムズする度、ずっとビクビクしていました。

更に花粉症の時期は、ひっきりなしにくしゃみが出るので

ハ、ハクショーーン!
腰「ビキィィイイイイ」
私「いでぇえええええ」

ブエクショーーーン!
腰「ビキィィイイイイ」
私「うぅうううううう(悶絶)」

ほとんど半狂乱状態。

もう無理。。。くしゃみ生理現象だから我慢出来ない。。。
腰痛い。。。無理。。。

壮絶な痛みと我慢出来ないムズムズで頭がおかしくなる一歩手前で

私「くしゃみしても腰に衝撃を与えない方法を編み出すぞぉおおおお」

と、決意しました。

くしゃみVS私のバトルが今始まる。

ぎっくり腰のくしゃみ対処法

壁に手を置く

くしゃみの衝撃をなんとか緩和する方法はないか。
調べると、壁に手を触れてくしゃみする事で衝撃が緩和されるらしい。

早速、実行してみる。

私「おっ、確かに効果あるやん!」
それから、くしゃみが出そうになったらすぐ近くの壁を触る癖がつきました。

私「壁対策、効果的だわー!これでもうくしゃみも怖くないわ!やったぜ!」

と安心しきっていたある日、外で仕事中に猛烈なムズムズ感に襲われました。

私(あ、くしゃみ出そうだ…)

・・・。

私(やべぇ、壁がない)

建物も何もない広場みたいなところにいたので、触れる壁がありませんでした。

私「あぁ…あ…」

ハクシューーーン!!!

腰「ビキィィイイイイ」
〜Fin〜

壁作戦はダメでした。

上を向く

くしゃみが出るときって、勢いで下を向く姿勢になるんですが、その姿勢が腰に負担を与えるので、くしゃみが出そうになったら上を向くように心がけました。

ムズムズ

私(あっ…きた…くしゃみ、出そう…)


ブエクショーーーン!!!

確かに痛みは軽減されたものの、自分の唾液が全部顔面に降り注いできました。

痛くないけど汚い。

腰に手を当てる

ということで、コレが一番確実&安全!

腰に手を当ててくしゃみするのがすっかり定着しました。
これなら外でも安心して出来ますし(笑)

くしゃみが出そうになったら、片手は腰で、片手は口元へ。

っていうか、初めからなんでこれにしなかったんだろう(笑)

まとめ

くしゃみが出そうになったら

  • 姿勢は前かがみにせず、なるべく上向きで
  • 片手は腰に当てて衝撃を緩和させる
  • 片手は口に当ててツバが飛ばないようにする

これで恐怖のくしゃみ地獄から解放されました。

また腰痛の人がくしゃみでぎっくり腰になるパターンもありますので、なるべく前かがみになる姿勢は避けてくしゃみするように注意して下さい!

まだまだぎっくり腰との戦いは続く…

ぎっくり腰緩和に効く、ストレッチもどうぞ~

辛いぎっくり腰をストレッチで完治!私が試した腰痛に効く体操ベスト6!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
たっつん
たっつん
イラストレーター
元々、職歴も貯金も恋人もいないフリーターから、ブログをきっかけにフリーランスに転身。 そして、気づいたら一度は諦めたイラストレーターにちゃっかりなってました。 夢だった書籍イラストのお仕事をしています。
記事URLをコピーしました