海外留学

【10時間英語勉強】サウスピークはきついって本当?1日のスケジュールを公開します!

サウスピークフロント
たっつん
たっつん
Hi, everyone! I’m Tattsun! こんにちは、フィリピンセブ島留学中のたっつん(@tatsuun7)です。

現在、私はセブ島にある語学学校「サウスピークオリジナル校」にインフルエンサー留学して、毎日英語勉強中です。

 

サウスピークは、かなり厳しいと聞いてはいたけど…。

毎日朝5時に起きて、1日10時間勉強して夜23時には寝る生活を毎日送っています。

たっつん
たっつん
1日10時間!めっちゃ勉強してるwww てか、朝に弱い私が、こんな規則正しい生活できるとは思ってなかった…(笑)

「1日10時間って…どういうスケジュールで勉強するの?1日中ずーっと授業やる感じ?なんかめちゃくちゃ大変そう…」

実はね、1日中ずーっと授業があるわけじゃないんです。

サウスピーク校では、日本ではあまり見かけない特別な学習プログラムを取り入れることで、劇的に英語力をあげることに成功しているんです。

 

では、サウスピーク校で私がどういう生活を送っているのか紹介しますね。

この記事の内容
  • サウスピーク校での一日のスケジュール
  • どうしてサウスピーク校では10時間英語勉強するのか
  • 集中して勉強するには、環境がめちゃくちゃ大事

 

このページからサウスピーク校への留学申し込みをすると、留学費用が割引になるキャンペーン実施しています。

本気で留学するならサウスピーク

見積もり時に入力すると割引適用になるクーポンコードを配布していますので、割引希望の方は以下のフォームからお問い合わせ下さいませ。

 

サウスピーク留学が割引になる
クーポンコードを聞く!

 

サウスピークってどんな学校なの?

サウスピークフロント

私は今回、初めての語学留学にサウスピークを選びました。

学校のサイトにでかでかと「本気留学!」と書かれているんですが、セブ島にある他の語学学校と比べても、かなり細かなルールや決まりがあって厳しい学校です。

「リゾート地のセブ島でレジャーや買い物も楽しみながら、ゆったりと語学留学したいな~♪」

そんな人にはサウスピークはおすすめしません。笑

なぜなら、サウスピークは「真剣に英語をスキルアップしたい人たちが集まる、本気(ガチ)の学校」だからです。

  • TOEICの点数が平均3か月で200点アップする
  • フィリピン人講師で上位10%の学力を持つ優秀な講師陣がいる
  • 平均10時間の学習プログラム
  • 英語力が伸びる「反転授業」の実施
  • 英語力アップに最適な教科書の提案
  • 発音矯正に力を入れている

別の学校に留学してる友達にサウスピークでの生活の話をすると、「噂には聞いてたけど、そんな厳しいんや…(笑)」と驚かれました。笑

「サウスピークめっちゃ厳しいんだ…!一体毎日どんなスケジュールで勉強するのか気になる…!」

では、今回は、私の(英語レベル2、4週間滞在、オリジナル校)の3週目のある1日のスケジュールを紹介しますね。

 

毎日10時間勉強!サウスピークでの一日の生活を大公開します

5:00~ 起床&自主学習

サウスピーク部屋

サウスピークの一日は、朝5時から始まります。

「え、そんな時間から勉強するの…?朝早すぎる…!!」

私も最初そう思いました。笑

毎朝10時に起きていた堕落人間だったので、こんな生活できるのかと。

しかし、人間ってよくできてて段々と環境に適応していくんですよね~。笑

サウスピークでは、朝方生活を推奨しています。

なぜかというと、朝に勉強すると学習効率もあがり英語力も伸ばすことでできるから。

効率よく英語力を鍛えるには朝型生活のほうがいいので、多くの生徒が朝5時起き生活をしています。

私も眠い目をこすりながら5時にのそりと起きて、部屋にある机で勉強スタート。

この時間は、当日の授業の予習と宿題をします。

時々部屋の窓から見える朝焼けを見ながら勉強してるんですが、日本ではこんな朝早くに起きて何かを勉強する時間なんてここ最近全くなかったので、勉強しててとても爽快な気分を味わってます。

最初は朝5時になんて起きれるか不安でしたが、やってみたら意外と起きれてることに気づき。

「朝起きたほうが、色々勉強も仕事もやる気がでる!!」と身をもって実感しました。

たっつん
たっつん
朝型生活サイコー!(日本帰ってもこの生活習慣維持したい…!!)

 

7:00~ 朝ご飯

宿題が終わったら、メイク・着替えを済ませて朝ごはんを食べにいきます。
6:50-8:00までが朝ごはんの時間です。

朝はバイキング式?になってて、自分の食べたいものだけを選んで食べることができます。

サウスピーク朝ごはんだいたいパン、キュウリ?ハム、焼きそば、フルーツがでるんですが、私は時短で食べられるように、パンにハムときゅうりと焼きそばをはさんでサンドにして食べてます。

 

7:30 音読専用ルームで発音確認

今週は8時から発音(P)の授業があるので、始まる前に1度発音がうまくできているかのチェックをします。

サウスピーク音読専用ルーム

サウスピークオリジナル校には、音読専用ルームが2つあります。

音読専用ルームは自分の口元を鏡で見ながら発音と口の動きを確認して、発音への理解を深められる専用ルームとなっています。

たっつん
たっつん
毎日「r」と「l」でめっちゃ苦戦してます…アールゥ…エルゥ…ぐぬぬ…難しい…

食堂で声出して発音練習してる人もいますが、「まだ全然うまく発音できないから、みんなの前で声出すのちょっと恥ずかしいな…」って時があるんですが、この音読専用ルームなら照れることなく発音練習ができるので、よく利用しています。

 

8:00~8:50 P(Pronunciation/発音矯正レッスン)

朝ごはんと発音練習が終わったら、授業スタート!

サウスピーク教科書

この発音矯正の授業は、「フォニックス発音トレーニングBOOK」を使って発音矯正をしていきます。

1週目に簡単なテストをやって、私が苦手な発音をピックアップ。

そこから苦手な音のみに集中して、レッスンしていきます。

1、2週目は10時から授業スタートのスケジュールだったんですが、3週目は8時スタートかつ2コマ連続で授業なので、8時までに授業2つ分の予習をやるのが結構大変でした。

前日の夜と当日の朝(5時から8時の間に)に済ませる感じですね。

50分間マンツーマンでみっちり授業をするんですが、新しく覚えることやできないことがいっぱいあって、毎回50分があっという間に終わります。

たっつん
たっつん
子供のころの授業ってダルくて長くて嫌い…と思ってたけど、大人になってから能動的に受ける授業ってこんなにも楽しくて短いんだなあ…。

授業が終わったら、次の授業が始まるまで10分間あるので、授業に備えて少し予習内容の確認をして次の授業に備えます。

 

9:00~9:50 4S(4 skill Lesson/4技能向上レッスン)

9時から4Sの授業がスタート。

4Sは英会話に必要な4つのスキルを学ぶ授業です。

 

 

  1. speaking
  2. listening
  3. reading
  4. writing

英文法の基礎を理解する為の重要な授業です。

 

4Sでは、1週目「どんどん話せる驚異の中学英語」3週目からは「速読速聴・英単語Basic2400」を使いながら

  1. 教科書の英語文章を読む
  2. 英語文章を日本語訳に直して、その日本語を読みながら英語を話せるようにする
  3. 単語を使って英文を作る
  4. 先生が指定した単語で英語文章を作る

この流れで、英語文法への理解を深めていきます。

 

たっつん
たっつん
発音レッスンが口を使う授業だとしたら、4Sは頭を使う授業…!

 

10:00~ ランドリー提出

サウスピーク校ランドリー
火曜と木曜と土曜はランドリー回収日。

10時から13時までが回収時間なので、その間に洗濯物を提出しにいきます。

サウスピーク校ランドリー用紙

ランドリー回収用の紙が校内に置いてあるので、それに自分の名前と洗濯物がいくつあるのかを書いて、ランドリー回収場所に持っていきます。

 

 

出した洗濯物が間違いないか数を確認させられるんですが、「ツーパンツ、ツーブラジャー」と読み上げていくのが結構恥ずかしい…(笑)

 

10:30~ 自主学習

洗濯物を出したら、また勉強&仕事に戻ります。

 

12:00~ お昼ご飯

サウスピークお昼ご飯12時からお昼ご飯スタート!

お昼ご飯はだいたい鶏肉がメインで出ることが多いですね。
時々カレーがでたり…。

友達とワイワイ話しながら楽しく食べます♪

このお昼ご飯時には、お知らせ報告と水、木、金は「ランチトピック」というのがあります。

ランチトピックは、フィリピンと日本の文化の違いなどをテーマにして、近くの生徒や先生と話し合いをします。

 

例えば

  • どうして、日本人は仕事終わった後にみんなで飲みに行くんですか?
  • 日本でLGBTはどう見られていますか?
  • 日本ではバレンタインにチョコをあげるっていうのは本当ですか?
  • エンペラー(国王)とプレジデント(大統領)はどう違うの?彼らは何をするの?

などなど…。

 

そして先生から指名された生徒は、前に出て英語でその理由を説明します。

これが日本語でもなかなか説明が難しいお題が多くて、いつも友達と話しながら「いや~、説明難しいよね~」と色々話し合ってます。

普段考えたこともなかったようなテーマがでたりして、なかなか深い話ができて楽しいです。

 

12:30~ 10分間お昼寝&自室で勉強

ご飯食べ終わったら、次の授業まで少し時間があるので、10~15分だけお昼寝します。

 

 

この10分お昼寝するだけで、頭がすっきりするので短い時間ですが休憩を取るようにしてます。

たっつん
たっつん
朝早いからここでお昼寝できるのありがたい~~~♪

10分寝てスッキリしたら、また次の授業に備えて予習スタート!

 

15:00~15:50 BS(Basic Speaking Lesson/基礎英会話)

15時から1日の最後の授業、BSが始まります。

BSの授業では「英語のスピーキングが驚くほど上達するNOBU式トレーニング」を使って、例文をヒントに先生と自由に会話をする授業なんですが、3つの中でこの授業が一番楽しくて好き!!笑

つたない英語なんですが、先生がうまく汲み取っててくれて会話が続くので、めっちゃ楽しいし、私が行ったことが伝わったり先生が言ってることが分かったときに、めちゃくちゃ嬉しくなります♪

 

 

今週はHannah先生なんですが、毎回会話が盛り上がりすぎて予習してきた教科書そっちのけで話しすぎてしまうこともしばしば…(笑)

 

この授業ではフィリピンの文化や日本の文化について話し合えたりするので、知らなかった知識を知れるのも楽しいです。

  • フィリピンで有名な『Bo’s coffee』は学生が立ち上げたお店
  • 海外と日本で映画のタイトルが違うのなんで?
  • フィリピンではアマゾンプライムビデオは普及してなくて、Netflixが主流
  • AmazonじゃなくeBayを使っている
  • フィリピンでは、9月から12月までがクリスマスシーズン(Ber months)

などなど…。

 

サウスピークノート

授業中に話した話題の事や私がわからなかった単語を、先生がノートに書いてくれます。

映画の話とかおすすめの本の話とかエンタメについての話が多くて楽しいですね~。

こないだはおすすめのディズニー映画の話をしたんですが、『塔の上のラプンツェル』って原題は『Tangled(もつれた、絡まった)』って表現されてて、日本と全然違ってて面白いなーって。

先生が「なんで日本語の映画タイトルは複雑なの?」って聞いてきたから「うーん、シンプルなタイトルだとその映画の内容がわからないから映画見なくなっちゃうからかなあ…お客さん興味を引くようなタイトルにしてる気がする。」と答えたけど、合ってるんかな…?笑

 

16:00~ 自主学習

全部の授業が終わったら、また一日の授業の復習&仕事をします。

 

この時間帯になると、暑さが段々と落ち着いてきて、風が吹いたりしてすごく心地のいい気温になります。

夕焼けも見れたりとすごく心安らぐ時間。1日の授業も終わって私個人的にはこの時間帯が一番ホッとして好きかも…♪

 

18:00~ 晩御飯

18時から夜ごはんスタートなので、友達と一日の出来事を話し合ったり週末の予定を立てたりしながらわいわい話して楽しくご飯を食べます。

日中はお昼時を除いて外出禁止なんですが、17時からは外出自由です。

基本的には学校のご飯を食べてますが、たまーに学校を出て外で晩御飯を食べる時もあります。

こないだはバッチメイト数人と食堂でご飯食べたあと、学校近くにあるハロハロ専門店の『アイスジャイアント』に行きました♪

毎日授業&勉強で大変ですが、時々こうやって息抜きもしつつ毎日セブ島の生活を楽しんでます。

たっつん
たっつん
アイスめっちゃ美味しかった…。また行きたい…(笑)

 

19:00~ 自主学習

晩御飯を食べ終わったら、また食堂で勉強&仕事するんですが、夜は風が少し吹いてて気持ちいいので食堂のベランダ?にでて、好きな音楽聞いたりリラックスしながら仕事してます。

ここの雰囲気がすごい好きなんですよね~。1月のフィリピンは乾季シーズンで、なかなか日中は暑いんですが、夜になると風が吹いてて結構過ごしやすい気温になります。

めちゃ落ち着けて、いろんなことを考えられるので大好きな場所です。

 

22:30~ お風呂、就寝

19時ぐらいから22時ぐらいまでずーっと勉強と仕事をして、22時ぐらいに部屋に戻ります。

そこからお風呂入って、23時には就寝。

そして、翌朝5時にはまた起きて…という毎日を繰り返しています。

 

毎日10時間英語を勉強するサウスピークはきついのか?

サウスピーク10時間学習

サウスピークは、「毎日10時間学習」を掲げている比較的厳しめの学校です。

初回のオリエンテーションで「8時間では短い!毎日10時間勉強してください!」と大きな声でアナウンスされました…(笑)

先生に教えてもらうマンツーマンレッスンが1コマ50分。

私の場合は3コマあるので、マンツーマンレッスンはたった150分のみ。

そう、つまり10時間のうちほとんどが自主学習をしめているんです。

先生に教わる時間よりも、自分で自主的に学習する時間のほうが長い。日本の教育から考えたら少し不思議な仕組みですよね。

これには理由があり、サウスピークでは「反転学習」という教育プログラムを採用しているからです。

 反転授業の導入。英語力を最短で伸ばせる第2言語習得論(SLA)に基づく学習カリキュラム│サウスピーク

なので、自分で頑張って自主的に勉強できる人はグングン伸びていくし、サボった人はどんどん下がっていくという…。

サウスピークは本気で頑張れる人が、どんどん成長できる学校です。

 

環境が変われば、生活も人生も変わっていく…!

毎日10時~11時に起きてた堕落人間なので、当初は「朝5時になんて絶対起きれないわ!!!(笑)」と思っていましたが、サウスピークの環境がものすごくよくて、毎日5時起き生活がちゃんと続いていて自分自身も驚いています。

人間、やる気だけでカバーして何か取り組もうと思ってもなかなか難しいもの。

環境の良し悪しにパフォーマンスは大きく左右されますよね。

堕落人間だった私が毎日頑張れているのも、サウスピークの生活環境、勉強するための環境、制度が整っているおかげです。

本気で英語スキルアップしたい人たちが集まるいい学校なので、私も自然と毎朝起きて10時間の勉強も頑張れています。

 

たっつん
たっつん
きっと、ひとりで最初から独学で学ぼうと思っても、ここまでストイックに毎日頑張れないだろうなあ…。

学ぶのに適した環境に身を置くのってすごく大事だなと、今回の留学で強く感じました。

毎日めちゃくちゃ忙しいけど、その分がっつり英語漬けの毎日に浸かれますよ!

今年こそ本気で英語を習得したい人は、ぜひサウスピークへ。

 

 本気留学!サウスピークで留学の見積もりを出してみる

まとめ 本気で英語習得したいならサウスピークへ

以上、サウスピークでの一日のスケジュールでした。

一日中授業をするわけじゃなくて、最初は驚きました。

サウスピークでは、予習復習に使う自習時間のほうがとても多いです。

こちらのほうが学習効率もよく、伸びが早いからこそ取り入れられてるシステムです。

私は中学英語すらきちんと理解できていないレベルの英会話力で、最初は「私なんかが留学して大丈夫か…???」と不安に思っていたけど、生徒のレベルに合わせたカリキュラムが作られて、先生たちも本気で教えてくれるので少しずつ理解できるようになっていきますよ。

 

今年こそ本気で英語学んでみたい人は、ぜひサウスピークへ!

 本気留学!サウスピークで留学の見積もりを出してみる

ABOUT ME
たっつん
たっつん
アラサーサブカル女、たっつんです♪ 映画、漫画、猫が好き。 現在はブロガー・イラストレーター・デザイナーとして活動中。 田舎から大阪に引っ越しして一人暮らししながらフリーランスしてます。

社会人の私が留学に選んだのは、セブ島にある本気留学のサウスピーク!
サウスピーク

社会人になって人生で初めての海外留学を1ヶ月間してきました。

私が留学したのは本気留学で有名な、サウスピーク校です。

  1. サウスピークは本気留学!毎日10時間勉強できる環境だから、成果が出せる
  2. 優秀な講師陣が揃っているから、安心して勉強できる
  3. フィリピンは欧米に比べて、格安の値段で留学ができる

TOEIC350点の超絶英語初心者でしたが、サウスピークで1ヶ月間の英語レッスンを受けた結果、人前で英語スピーチできるレベルにまで成長しました。

サウスピークはスパルタ教育で有名ですが、今年こそ英語力をあげたいと思っているあなたにおすすめの学校です。

そこで、この記事を読んでくださったあなただけに特別に、サウスピークの留学費用が割引になるクーポンコードをプレゼントしています。

割引クーポンコードプレゼントをご希望の方は、下のお問い合わせフォームか、私のTwitterアカウント(@tatsuun7)DMにて「クーポンコードの件について」と明記の上、ご連絡下さい。

 

 セブ島留学費用が割引になる
クーポンコードをもらう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。