テレビ・ドラマ

ドラマ『東京タラレバ娘』感想とネタバレまとめ

f:id:ok723:20170117145143j:plain
出典:東京タラレバ娘|日本テレビ

更新:3月27日

あの全独身アラサーを絶望させたマンガ『東京タラレバ娘』がドラマ化!1月18日(水)から放送スタートしました!原作1巻からずーっと読んでるファンなので、ドラマではどんな展開になるのか楽しみだー!

記事の最後でドラマ『東京タラレバ娘』を無料で見る方法を紹介しています。見逃してしまった人やもう一度1話を見直したい!という人は、ぜひチェックしてみてくださいね~!

ドラマ『東京タラレバ娘』あらすじ

「タラレバ言ってたら、こんな歳になってしまった…」
独身アラサー女性が震撼したマンガ『東京タラレバ娘』がついにドラマ化!

鎌田倫子、30歳、独身、彼氏ナシ。職業=(売れない)脚本家。
「キレイになったら、もっといい男が現れる!」
「好きになれれば、結婚できる!!」

そんなタラレバ言いながら、親友の香、小雪と3人で女子会ばかりやっていたが、金髪イケメン男に「タラレバ女!」と言い放たれ、ハタと現実にブチ当たる!

「私たちって、もう女の子じゃないの?」

厳しい現実、だけど真実。まだ幸せにたどりつけてないタラレバ娘たちが、もがきながらも、幸せ探して突き進む!!
イントロダクション|東京タラレバ娘|日本テレビ

ドラマ『東京タラレバ娘』キャスト

キャスティングは、発表されたときにかなり賛否両論ありましたね…(笑)


鎌田倫子:吉高由里子
山川香:榮倉奈々
鳥居小雪:大島優子

キャラの雰囲気はすごくいいんだけど、ねぇ…。全体的に若いよねぇ…。(笑)


イケメンモデル役KEYは坂口健太郎、倫子に告白してきた職場先輩、早坂哲朗は鈴木亮平!
KEYはまだよしとして、早坂さん鈴木亮平さんって…早坂さんめっちゃタフネスやん!!!奥田さんの間違いじゃなくて…???笑
早坂さんは星野源か加瀬亮がよかったかなあ。

香の元カレバンドマン鮫島涼は、平岡祐太さん。

小雪の不倫相手、丸井良男を演じるのは田中圭さん。

丸井さんは渡部篤郎さんか吹越満さんがよかったなぁ。さすがに渋すぎるか…。笑

その他キャストは
芝田マミ:石川恋
鳥居安男:金田明夫
とサイトで発表されています。

そして、一番驚いたキャスティングが…

なんと倫子に毒舌をはいてくるタラレバちゃんの声担当が、なんとPerfumeのあ~ちゃん!!!これは意外だった~~~!吉高由里子さんと所属事務所一緒で仲良しだし、そういう繋がりもあったのかも。ファンとしては嬉しい!


あ~ちゃんがレバ役、加藤諒くんがタラ役のようです。

あ~ちゃん(Perfume)コメント
声のお仕事はずっとやりたいと思っていて、周りに話していたので、叶ったぁと思いました。笑
レバちゃんは辛辣な言葉で罵倒し、私があまり言わない言葉ばかりなので、大丈夫かなぁと不安ですが、すごい楽しみです。自分の中のレバちゃんのイメージがあるので、みなさんにも好きになってもらえたらいいなぁと思っています。
Perfumeあ~ちゃん「東京タラレバ娘」あのキャラ役で声優デビュー – 音楽ナタリー

あ~ちゃんすごいなぁ~~~!大抜擢じゃん!声優初挑戦のあ~ちゃんの活躍が楽しみです。

ドラマ『東京タラレバ娘』放送日・時間

日テレにて、1月18日(水)から放送開始!
毎週水曜、夜10時からの放送です。

ドラマ『東京タラレバ娘』主題歌

f:id:ok723:20170117162402j:plain
出典:https://www.barks.jp/news/?id=1000137068
主題歌はなんと、Perfumeの『TOKYO GIRL』!!!
ドラマ書き下ろし曲で、『東京タラレバ娘』登場人物にリンクした歌詞になっています。

www.youtube.com

東京タラレバ娘と同世代のアーティスト、Perfume。成熟した彼女たちが歌うことで、アラサー世代にも自然と共感できる曲になるんじゃないか、ということで採用が決まったみたいですね。

www.subcul-girl.com

TOKYO GIRL

TOKYO GIRL

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ドラマ『東京タラレバ娘』1話感想・ネタバレ

1月18日(水)第1話 放送


ということで、第1話放送されました!
Twitterでも『#東京タラレバ娘』というハッシュタグがトレンド1位になったりと、かなり注目されてましたね~。私は録画しつつリアルタイムで見るという念入りっぷりでした。笑

原作が完結する前のドラマ化ということで、原作とは違った展開も盛り込まれてくるんだろうなぁーと覚悟しながら見てましたが…

やっぱキャスト若いわ~~~~!!!

うん!予想はしてたけど!していたけども!(笑)
まず3人がキレイすぎて感情移入できないっていうね。3人ともめっちゃキラキラしてるんやもん。哀愁っていうか、アラサーのにじみ出る焦りみたいなのが、画面からは全く感じられなかった…。(笑)
そして、原作では3人は33歳なのに、ドラマでは30歳に設定変更されてるんだよね…。まぁいわゆる大人の事情っていうやつなんだろうけど、どうせなら33歳相応のキャスティングにしたらよかったのにねぇ…(笑)

Twitter上では、理想のキャスティング論争が起こっていたんだけど


え、待って。このキャスティングのタラレバ見たいんだけど(笑)
このぐらいの大人感ないとしっくりこないよねー。居酒屋で飲んでるシーンとかも3人若すぎて全然馴染んでなかったもん(笑)

ちなみに私の理想キャスティングは
倫子:菅野美穂
香:水川あさみ
小雪:りょう
かなぁ…。香役が難しいね…(笑)

さてさて、肝心のドラマストーリーですが、ほぼほぼ原作と同じでしたね。


ソッコーでKEYと出会ったり、倫子が早川さんに思いを伝えようとするという原作にはなかったシーンもありましたが、まぁほぼほぼ一緒ですね。

放送前は「いや、マッチョすぎるやろ!!!」と思ってた鈴木亮平さんも見てたら意外と違和感なし。さすが変態仮面演じたカメレオン俳優さんやぁ…。

1話で早くも登場したイケメンモデル、KEYの毒舌は原作そのままでしたねー。確か原作ではいきなりうるせーって話しかけるんだけど、ドラマでは倫子がぶつかってから毒舌吐く…という展開になってました。うん、確かにこのほうが自然。


ははは、3次元に言われると更に心がえぐられるなぁ…。(白目)

 

一番期待していた倫子大爆発シーンは、落雷演出でした。意外と地味で残念だったなー…。

他にもアニメ風の演出が盛り込まれていて、テンポもよくて見ていて面白かった。凍り付く3人とか矢に射抜かれる倫子とかね(笑)

あと、めちゃくちゃ期待していたあ~ちゃんの声!!!レバちゃん担当ってことでわくわくしながらタラレバちゃんの登場を待っていたんだけど…


あ~ちゃんめっちゃいいやん!!!


あ~~~、声めっちゃカワイイ~~~!!!(嬉)
かわいさだけじゃなくてホラー感もちゃんと出てたし、声優初挑戦と思えない。あ~ちゃん&加藤諒コンビ最高です。これからあ~ちゃん声優の仕事増えそう!

原作1巻の恋愛のバッターボックスに立たずに、ベンチから偉そうにヤジを飛ばすだけ、っていう展開もあったんですが、そこからなぜかバッティングセンターに行く流れに。(なんで???)


ここは原作になかった展開で、「とにかくバッターボックスに立ってバットを振りまくればいつか当たるのよ~~~!」って3人が無茶苦茶にバット振り回し始めるっていう、熱血スポ根展開になったのも謎だった。大島優子の構えは良かったけどw

あと、謎にKEYが3人にビール置いていったのも
「え?いきなり優しい!?ただのツンデレキャラみたいになっちゃうやん!」
って思ったし、バッティングセンターで女3人でお酒ぷはーってやっちゃうのも「えー!?」って感じでした。そこで缶ビール飲んじゃうって…ちょっと…ねぇ(笑)

と、こんな感じの1話感想でしたー!

演出は倫子が頭ガンガン打ちつけたり面白いところもあったので、一応続けて見てみる予定です。段々キャストも見慣れてくるかもしれないし。

ドラマ『東京タラレバ娘』2話感想・ネタバレ

https://www.youtube.com/watch?v=Fo5QzSTqkYYwww.youtube.com
1月25日(水)第2話 放送

2話、めっちゃ改変されとるがな!!!

って思わず突っ込まざるを得ないストーリー展開。あー、そこそんな感じにしちゃうのね、っていう。まぁ、ドラマ化された時点である程度予想はしてたけど、原作でのメッセージ性とはかなり方向性が違うことになりそう。

ということで、2話の感想・ネタバレ書いていくよ〜!

寿司屋で喋る3人。


倫子「こんな30歳になる予定じゃなかったのに…」
香「東京ってさ、地球上で一番の過密都市じゃん?外歩けばイイ男も歩いてるっていうのに、相手も見つけられないってことは…地球上どこ行っても出会えないんじゃないかって思っちゃうわけですよ…。」
小雪「やめてよ、縁起でもない!」

アジを取ろうとして、おすすめネタを取る香。

倫子「香って、オススメ系に弱いよね(笑)」
小雪「限定とかね(笑)」


香「こうやって、私たちにおすすめの男が皿に乗って回ってきたらいいのに…!」

タラレバセリフから、KEYの話題に。

香「どうせ無職かヒモでしょー」
倫子「実は…(雑誌を見せる)」
香「あいつモデルだったのー!?」

すると、皿に乗ってタラレバちゃん登場!

レバ「始めるレバか?」
タラ「大人の恋を?」
レバ「始められるといいレバね」
タラ「ふふっ、せいぜい頑張るタラ!」


倫子「タラレバばっかり言ってちゃダメだってことはわかった。だけど…どうすりゃいいんだーーー!」

は〜〜〜、やっぱあ~ちゃんの声、いいわぁ~~~

脚本の打ち合わせで会社にきた倫子。
倫子「どうでしょうか…」
早坂さん「うん、流れはこんな感じでいいと思う」


監督「ターゲット層の若い女性は胸キュンする?そういうシーンがもっと欲しい。壁ドン、あごクイ、なんとかズーン!みたいな話題になりそうなやつ。俺らおじさんはそういうのわかんないから、若い女性の感性で!」

若い女性の感性と言われ、不安を感じる倫子。そんな倫子を見て「大丈夫、倫子さんなら書けるから」と優しく励ましてくれる早坂さん。改めて早坂さんの魅力に気づくんだけど、早坂さんは既にマミちゃんのもの…。

そして、なぜか早坂さんとマミちゃんのデートに同席することになってしまう倫子。
倫子「辛い!ムリ!きまずいーーー!!!」
香と小雪に助け船を求め、みんなで呑んべぇで飲むことになります。

香(思ったより、いい男!)
小雪「歳の差もそんなに感じないし」
マミちゃん「おじさんかと思ってたら、意外とそうでもなくてー」


早坂さん「マミちゃんといると常識を覆されるっていうか、マミちゃんから刺激を受けて、僕ももっと頑張ろうって思えるっていうか、マミちゃはやっぱり…」

倫子・香・小雪「マミちゃんマミちゃんうるせー」

早坂さんノロケすぎwww

そして、早坂さんの誘いでBUMKEYSのライブへ行く3人。ふと、ライブステージを見る香。そこには見慣れた顔が。


香「涼ちゃん…!?」

BUMKEYSのギタリストはなんと香の元カレ、涼でした。

昔、2人が付き合っていたころ、香はお金がなくても、愛さえあればなんでも乗り越えられるって信じてた香。でも、結局売れない彼に付き合いきれず、別れてしまった2人。

涼は、香に語っていた夢を実現させていました。

香「涼ちゃん、夢かなえたんだぁ…」
そして、涼と対面することに。

涼「香…?」
香「涼ちゃんおめでとう!私…」


突然、ハグする涼。

香「えっ…」
涼「ここまでこれたのは、香のおかげだよ!」
香(こんな形で再会できるなんて…頑張ってれば、たまにはいいことも…)
そこに女の人が。
涼「りな~(ハグしながら)」
女「今日の涼、ちょーよかった」
倫子「…誰?」
KEY「涼さんの彼女」

涼、彼女おるんかーーーい!!!
香ドカーーーーン!
まぁ、原作展開と一緒なのでわかってたけど。笑

呑んべぇで集まる3人
香「はぁ~~よし、死の」
倫子・小雪「待て待て待て!」
運命の再会だと思って喜んでたら、彼女いるって…そりゃ凹むわな~

香「誰の目にも止まらなくて売れる気配のなかった涼ちゃんがって思い切り舞い上がったのに~~」


KEY「甘いんじゃないすか?だって、昔涼さんが売れないからって捨てたんでしょ?で、売れたらまたより戻そうなんて甘いでしょ。」

金髪、超正論!!!

小雪「気にしなくていいよ」
香「気にする…だって金髪の言うとおりだもん。売れなかったから捨てて、売れてたからあわよくばって…。正直に言う。涼ちゃんの皿がもう一度回ってきたって思ったんだよね。あんなにダメダメだった涼ちゃんが、立派になって私のところに戻ってきてくれて。私はこの日のために一人だったんだって。でも涼ちゃんは別の人のものだった。」
小雪「回転ずしなら、取り逃した皿もまた回ってくるけど、現実の男はそうはいかないもんね…」
香「そんな簡単なこともわかってなかった…」
倫子「私もだよ…。早坂さんとマミちゃん見てたら、とりあえずでも付き合ってたら、早坂さんのことわかってれば…ってタラレバ…。」
香「人のものになって気づくって、あるよね。」

若いころは平気で捨ててきたものが
今となっては絶対に手に入らないものだって気づく
もうあのころには戻れない
私たちの時間はいつの間にか過ぎていく
時間は巻き戻せない…

自宅で脚本の執筆中、早坂さんから連絡が。
早坂さん「実は…会って話したいことがあって。大事な話なんだ…」
なにその意味深なやつーー!と思いきや、仕事から降格の話でした。
早坂さん「えっと、実は…恋するシーズンの脚本、別の脚本家さんにお願いすることになった」
倫子「え…私は降ろされるってことですか…?]」
早坂さん「監督さんが別の脚本家さんにも依頼してたみたいで…そっちに決まっちゃって…」

男だけじゃなくて、仕事まで人のものになってしまった…

倫子「はぁ…どうしよう…」
するとマミちゃんから連絡が。
マミちゃん「倫子さん恋するシーズン降ろされたって本当ですか!?あんなペーペーのギャルみたいな女に書かせるなんて!」

その女の子笹崎まりかを演じているのは、筧美和子さん。


(うわ、かわいい…)

マミちゃん「知りません?あの子女使って仕事取ってるって噂あるの」
倫子「枕営業!?」

真相を突き止めに、監督とまりかをつける倫子。
倫子「現場を押さえてやる…!!」
ホテルに入る2人。
倫子「やっぱり…!って、あれ?」

ロビーに向かう2人。
早坂さん「お待ちしていました!」
プロデューサー「宇野です。よろしく」
笹崎「よろしくお願いします」
宇野「脚本拝読しました!女性ならではの視点が散りばめられていて、とても面白かったです!」
監督「胸キュンしますよね!」

枕営業かと思いきや、実力で仕事奪われてただけと知り、ショックを受ける倫子。


仕事は頑張れば結果が出るって信じてた。でも、気づけば世界は手に入らないもので溢れてて…。

枕営業で奪われるよりきっついよねー…。仕事でも恋愛でも若い子にかなわないって実感する瞬間っていうか。

ショックで呑んべぇで潰れる倫子。


タラ「甘いタラよ!」
レバ「倫子さんは何を頑張ってたレバ?」
倫子「仕事だよ!」
レバ「それだけ…?」
タラ「恋愛は?何年彼氏がいないタラ?まさに男日照りタラ!」
レバ「仕事を言い訳にして、女をなまけてたツケが回ってきたレバ!」
タラ「からっからに枯れた女がキュンキュンする恋愛書こうなんてちゃんちゃらおかしいっタラ!」
レバ「終わってる女より現役の女の子に任せたくなるレバ!」

タラ・レバ「お前はもう終わってるんだー!!!」

ひぇえええ!!!タラ・レバちゃん怖すぎるんだけど(笑)

そこにやってくるKEY。
KEY「今日は女子会じゃないんだ。あんたらのはタラレバ女の井戸端会議だけど。」
KEY「なんかあったんだ…仕事のこと?」
倫子「あんたに関係ないでしょ」
KEY「脚本家なんだよね。どんな脚本家書いてんの?」
倫子「どうせ知らないでしょ。恋愛ものだしネットドラマだし。」
KEY「で、仕事で失敗したとか?」
倫子「まぁ、そうかも…。降ろされたの若い子に仕事取られたの。枕営業だのって後までつけたのに…実力で負けてたってオチでした。以上。」


倫子「女怠けてたツケが仕事にも回ってくるなんて思わなかった…。こんな30女に誰がした…ってあたしだよ…。やり直したい、ハタチぐらいから。でも時間は巻き戻せないもんね。」

私は巻き戻したいって思ったことないけど、やり直したいって思ってる女性多いのかなぁ。

一方、涼のことを思い出す香。連絡先を削除しようとしたら、涼から着信が。


涼「香?よかった番号変わってなくて」
香「どうしたの?」
涼「香、会いたい。
香「会う理由ないよ」
涼「会いたいって理由じゃないの?」

「待ってるから」と強引に電話を切る涼。
香「何言ってんの…行くわけないじゃん…」と言いつつも、涼が気になって会いに来てしまった香。

涼「やっぱり来てくれた!」
香「バカじゃないの…」
そして、流されてしまう香。見せたいものがあると言われて、家まであがってしまいます。

涼「やっと約束守れた」
涼とキスする香。


ここにあるのが愛なのかどうかなんてわからない。
でも、私たちは進んでいくしかないんだ。
時間は巻き戻せないから。

一方、完全に飲み潰れてしまった倫子。KEYが倫子を家まで送っていくことに。
倫子「え?」
KEY「送り届けたんで」

原作KEYなら、倫子をおぶって送り届けるとか絶対しないよなぁ…(笑)

倫子「むかつく…あんたなんなの…?30すぎて何の結果も出せてないけど、これでも一所懸命生きてきたつもりなの…なのに仕事も恋愛も…。こんなこと若くてイケメンモデルのあんたに言ってもわかんないよね。」
KEY「わかるよ、あんたに似た性格の女知ってるから。だからしっかりしろよって。イラっとする」
倫子「ムリよ、女として終わってるから。男日照りでからっからに枯れた女終わってるでしょ。こっから挽回できる気がしねぇ…」

KEY「じゃ、試してみる?」
倫子「は?」
KEY「俺とやってみる?どーすんの?」
倫子「あの、やるって…あのでも…」


はい、Wキスシーンきましたーーー

香と涼の展開は原作通り、倫子とKEYのほうはかなり脚色されてましたねー。そもそも倫子も事務所じゃなくて普通の会社に勤める脚本家って設定だしなぁ。

今後もかなり設定変更が予想されますねぇ…。あまり改悪されなければいいんだけど(笑)

っていうか、予告編見たんやけど

田中圭の丸井さん最高なんですが!?!?

ワンシーンだけでキュンキュンしてもーた。3話楽しみです。笑

ドラマ『東京タラレバ娘』3話感想・ネタバレ

https://www.youtube.com/watch?v=2Rml0Q7ijvswww.youtube.com
2月1日(水)第3話 放送

第3話で丸井さん出てきましたね~…。

いや~、超絶タイプだわ。笑

田中圭のあのルックス、人懐っこい性格…原作よりも好き。は~、小雪の立場じゃなくてよかった~(笑)あんなドストライクな人きたら、断り切れないよ…(妄想全開)

第3話で丸井さんと出会うわけですが


小雪が落としたじゃがいもを拾ってもらうことから知り合うんだけど、なんとも少女漫画チックな展開に改悪されてたなぁ~。そういう脳内お花畑女子をぶった切るマンガだったのに。まぁドラマだし仕方ないかぁ。笑

てかね、第3話突っ込みどころ満載すぎたよ!

あれですよ、倫子の貯金額!!!

“恋するシーズン”の仕事干されて、不安になった倫子が通帳を見るシーンで貯金額が…

96,377!

東京の家賃相場でこれだけの貯金しかないって、ちょっと倫子大丈夫かよ…。

原作では、恋愛ダメでも仕事がある稼げる女性!っていうところが、倫子の唯一の救いポイントだったのになー。ドラマ版倫子は服装もダサいしちょっとがっかり設定だね…。

さてさてすっかり、恋に落ちてしまった小雪。お店に丸井がやってきて…

はい、センテンススプリング~!


小雪「正直に言うだけ、誠実だ。選択権を私に委ねてくれる優しい人だ」

いや、絶対違うから。

てかねー、どっかで読んだんだけど、不倫って無駄にポジティブな思考の人がハマりやすいって書いてて、妙に納得したんだよね。
無駄なポジティブシンキングが「私だけは違う」とか「今はこうだけど、いつか奥さんと別れてくれるはず!」みたいな思考回路に持ってっちゃうのかも。そういや〇ッキーさんもポジティブキャラだったしねぇ…。(苦笑)

あ、あと2話でKEYから「俺とやってみる?」と誘われてやっちゃった倫子さん。


でも、いまだに女同士で集まってギャーギャー言って楽しんでる倫子に対して、キツイ一言を。

そりゃそうだよね〜。
てかね、思うんですけど、男性って女性が集まる中に「ねぇねぇ、何してんのー?」って入っていけないよねって思う。だって、女性が集まってるのってなんか怖いんだもん。笑


群れるのは中学生ぐらいまでに卒業したほうがいいかも。

さてさて、こんな感じの3話でした。いや〜しっかし田中圭の丸井さん最高だわぁ〜♡
今後も彼の登場を楽しみに見続けたいと思います!!!(笑)

ドラマ『東京タラレバ娘』4話感想・ネタバレ

https://www.youtube.com/watch?v=E9ssbXm-z1Qwww.youtube.com
2月8日(水)第4話 放送

ドラマタラレバ娘、第4話ではケンカしてしまう3人。
既に原作本5巻の内容なんだけど、この先持つ…?大丈夫?
ドラマは10〜12話ぐらいの放送になるのかなー。原作本とは違う時系列でストーリーが進んでいきそう。

ということで、4話の感想・ネタバレいっくよー!

バレンタインに浮かれる女の子たちを横目に思う倫子。
KEYの「あんたとは恋愛できない」という言葉に傷ついていました。
そんな中、本命チョコを買う小雪を見つける。


倫子「誰に?…もしかして、丸井さん!?」
小雪「まぁね」

第四出動ーーー!!!


ということで、集まった3人。

小雪「一応丸井さんと付き合うことになった」
倫子・香「よかったねぇ〜〜〜」


小雪「結婚してたけど」

丸井さんに誘われて、不倫を始めてしまった小雪でした。

香「実は…私もしてしまって…涼ちゃんと」
小雪「受け入れたってこと?」
香「受け入れたっていうか、繋ぎ…的な?次に彼氏できるまでの」

不倫にセカンド…ダメな恋愛とはいえ、キャッキャしてる2人を見て、モヤモヤしてしまう倫子。

レバ「恋の季節に独り身は染みるレバね…。女同士いるからダメ。だからあんたとは恋愛できないって言われたレバ。不倫女とセカンド女に未来はあるの?」

うーん、レバちゃん今日も毒舌絶好調レバ!

アドバイスを求めて、占い屋にかけこむ倫子。
はい、アラサーの最終手段のやつね〜(笑)

てかね、占い師がいとうあさこーーー!www


倫子「私、イイ女になって幸せになりたいんです。出会いを教えてください!!!」
いやいや、倫子、この人絶対あてにならないって〜〜〜(笑)

占い師「南西の方角に待ち人着たり!!!」

ということで、一人南西の方角に歩いてみると、焼肉屋を発見。


倫子「昔はセクシーな女とかクールビューティーな女がイイ女だと思ってた。だけど、一周回って今は一人焼肉できる女がいい女だったりするのかも!」

一人焼肉かー。一人カラオケなら余裕なんだけどなー。まだ焼肉はでびゅーしたことないわー。っていうか、わざわざ焼肉屋で一人ってちょっとむなしくない?(笑)それだったら家で一人焼肉パーティーするよー。

なんて思ってるとですね、KEY登場〜
しかもキレイな女の人と一緒〜

倫子「占いなんか信じなければ…」

そんな倫子をよそに、2人で焼肉を食べに行く香と涼。

涼「いいもん腹いっぱい食わせてやりてぇって思ってたんだよなぁ。香、うまいもん食うとすっげぇ幸せそうな顔するから、見てるとこっちも嬉しくなるんだよ。だから飯は香と食ってる方が、100倍楽しい!」

いやいや、そんなら香と付き合いなさいよーーー!!!
これだからチャラバンドマンは…(笑)

そして、商店街の福引でペア旅行を当てた小雪にも進展が…