旅行記

大阪南港からフェリー「さんふらわあ」で大分県別府まで行ってみた!女性一人旅乗船記

f:id:ok723:20170809150606j:plain
フェリー旅、ちょ~~~たのし~~~!!!

たっつん
たっつん
どうも、一人旅大好きたっつん(@tatsuun7)です。

 

大分県別府ラクテンチで開催された「湯~園地」に参加するため、大阪から出ているフェリー「さんふらわあ」に乗って大分へ向かったんですが

フェリー旅、最&高!!!

 

新幹線よりも飛行機よりもスピードは遅いけど、移動中から既に楽しくなれるのはフェリーだけ。ぜひ一度はフェリー旅体験してみてほしい。

 

ちなみに、大阪から大分まで格安で移動する方法は別記事で紹介しているので、気になる人はそちらを参考にしてください。

 

あわせて読みたい
【料金比較】大阪から大分まで格安で移動する方法を調べてみた! 先日、大阪から大分旅行してきました! 暑かったけど、大分いいところやった~♪ 「大阪から大分行ってみ...

 

 

では、大阪から大分までのフェリー旅レポ紹介していきます!

 

大阪から大分まで行くなら、フェリーがラク&安い!

f:id:ok723:20170809114247p:plain
今回利用したのは、大阪から大分へ一本でいけるフェリー「さんふらわあ」です。

 

フェリー「さんふらわあ」は

  • 大阪-別府
  • 神戸-大分
  • 大阪-志布志(鹿児島)

を結ぶ直行便フェリー船。

船に泊まる宿泊プランから、弾丸ツアーなど様々なプランを利用できます。

 

f:id:ok723:20170809114241p:plain
泊まる部屋やプランによって値段が違うんですが、私が今回利用したのは、女性専用のツーリストベッドルーム(相部屋)で、料金が11,200円でした。

 

やっす!!!

 

更に、一番安いプラン(大部屋)だと7,900円で利用することができます。

とにかく旅行費を格安に抑えたい、かつ移動時間が長くても大丈夫な人にフェリー旅おすすめです。

 

 

フェリー「さんふらわあ」大阪南港から別府港までの乗船記

1、まずは大阪南港で乗船手続き!

f:id:ok723:20170809111649j:plain
JR大阪駅から弁天町で下車して、大阪市営中央線に乗り換えて、コスモスクエア駅下車。

そこから更に大阪市営南港ポートタウン線に乗り換えて、トレードセンター前駅で下車します。

トレードセンター前駅からフェリーターミナルまでは、徒歩約5分ほど。

 

 

看板を見ながらフェリーターミナルを目指して、てくてくと歩いていくと…

f:id:ok723:20170809111701j:plain
うわあ~~~!フェリーだぁ~~~!!!
(子供のようにテンションあがるアラサー)

 

久々の船旅にワクワクが止まらないアラサー。笑

 

f:id:ok723:20170809111710j:plain
まずは受付所で、乗船手続きを済ませます。

 

 

今回はさんふらわあのサイトから予約したんですが、乗船手続きの時に予約時に使ったクレジットカードの提示を求められるので、忘れず持参しましょう。

普段クレジットカード持ち歩かないのに、今回たまたま持って行ってて助かった…(笑)

 

f:id:ok723:20170809154517j:plain
受付にて

  • 名前
  • 利用する部屋の種類
  • クレジットカード

の確認が無事終わると、部屋番号と席番号が記載された乗船券が発行されます。

これで乗船手続きは終了。

船が出るまで少し時間があるので、周辺を少しだけぶらぶら。

f:id:ok723:20170809111715j:plain
ATCホールにはDAISOやコンビニがあるので、トラベルグッズなど買い忘れたものなどがあれば、乗船前にここで揃えておきましょう。

 

 

f:id:ok723:20170809111734j:plain
乗船手続きも済ませ、お菓子や軽食をコンビニで買ってから、いざフェリーへ!

 

 

f:id:ok723:20170809111755j:plain
今回乗るのは、さんふらわあこばると。

 

通路を通って、船へ向かう途中も船に早く乗りたくて、歩くスピードも自然と早足に。(どんだけやねん)

 

 

f:id:ok723:20170809111759j:plain
途中にあった窓から船が見えました。

うわぁーーー船だぁーーー!!!でっけぇーーー!(アラサー、二度目の興奮)

 

 

2、フェリーさんふらわあ乗船!ワクワクがとまらない!

f:id:ok723:20170809131841j:plain
乗船券を乗務員に見せて、無事乗船できました。

 

乗船したお客さんを出迎えるかのように、どーんと目の前に登場する立派な階段!

 

ひょー!タイタニックみたいーーー!
私も、ここでディカプリオと出会っちゃうのかあ…
(出会わない)

 

 

f:id:ok723:20170809131854j:plain
こちらがさんふらわあの船内地図。
船内めっちゃ広いから、どこになにがあるか全くわからん!

A甲板の4階とB甲板の3階が、利用できるエリアのようです。

 

 

f:id:ok723:20170809131845j:plain
子どもたちが浮かれてきゃっきゃしてるのをパシャリ。

わかる、わかるよその気持ち!
私も船の中走り回りたいし、かくれんぼしたいもん!

 

 

f:id:ok723:20170809132530j:plain
部屋に行く前に、軽く船内をぶらぶらしてみることに。

 

f:id:ok723:20170809132540j:plain
船内には売店があったり

 

f:id:ok723:20170809132548j:plain
食事をするレストランもありました。

本当に豪華な船…!!!

 

 

別府に向けて、フェリー出発!

f:id:ok723:20170809131917j:plain
先程、歩いてきた通路が外され、いよいよ出発の時。

 

 

f:id:ok723:20170809133807j:plain
デッキに出れるようなので、カメラを持って出てみました。

 

 

f:id:ok723:20170809134059j:plain
大阪南港の夜景がキラキラと輝いてキレイ…。
まるで私達を送り出してくれているかのよう…

大阪、ばいばーい!

 

 

f:id:ok723:20170809133811j:plain
f:id:ok723:20170809134110j:plain
f:id:ok723:20170809133826j:plain
f:id:ok723:20170809133822j:plain
たくさんの人の想いと期待を乗せて、出発する船。

 

そう、移動時間も旅のうち。

こうやってゆっくり目的地に向かうのも、日々の喧騒を忘れられてたまにはいいなあと。

 

f:id:ok723:20170809135452j:plain
デッキから自分の部屋に戻ろうとすると、ロビーでマジシャンによるショーが行われていました。

子どもや大人たちが集まって一気に活気づく船内。

 

 

f:id:ok723:20170809135457j:plain
ひとり旅だけど、船内は常に賑やかで、まるで団体旅行で乗船してる気分です…!

一人旅だけど、寂しくない…!!

 

 

今回宿泊する、ツーリストベッドルームへ!

f:id:ok723:20170809131859j:plain
散策も済んだので、今回泊まる部屋へ行ってみます。

 

f:id:ok723:20170809131905j:plain
今回利用したのは、8人用の女性専用相部屋ツーリストベッドルーム。

相部屋ですが、ベッドにはカーテンがついているので安心。

 

 

f:id:ok723:20170809131909j:plain
私の場所は2段ベッド上段でした。

ベッド横には物を置く棚と充電コンセントがひとつあります。

天井が低いのでやや圧迫感を感じました。

 

 

船内にはWi-Fiも設備されている…けど!?

f:id:ok723:20170809134543j:plain
仕事用のノートパソコンを持ってきていたので、部屋をでて4階にあるラウンジでちょこっと作業することに。

 

ここは充電コンセントがあるので、作業したい人にはありがたいスペース。

私の周りでもスマホを充電しながら、まったりしてる人が多々いました。

 

f:id:ok723:20170809134536j:plain
そして、船内には無料Wi-Fiも設備されています。

 

お風呂に入るまで、Wi-Fi接続してパソコンでも触ろうかなーと思ったんですが

 

このWi-Fiが…とてつもなく弱い!笑

 

何度接続してもうまく受信されなくて、結局パソコン作業は断念しました…(笑)

 

ちなみに寝る場所はスマホの電波すら入らないっていう(涙)

 

船旅にはポケットWi-Fi必要ですね。

 

 

無料で利用できる展望浴場が最高だった!

f:id:ok723:20170809135212j:plain
「さんふらわあ」には朝、夜利用できる無料の展望浴場があります。

夜は乗船から23:00まで、朝は5時から下船までの間、利用することができるんです。

 

f:id:ok723:20170809135919j:plain
出典:https://www.ferry-sunflower.co.jp/lp/attraction/index.html

浴室には、シャンプー、コンディショナー、ボディーシャンプーが常備。

タオルなどはないので、自分で持ってってね!

 

湯船はまぁまぁ広いけど、シャワーが5つぐらいしかなくて、シャワー待ちの列ができて待たなあかんのがやや不満やった(笑)

 

でも、船の上で入るお風呂、気持ちいい~~~♪

 

そういや、湯船2種類あったけど、違いがわからんかった。
片方のほうがやや温度低かったとか???

 

ちなみにドライヤーは2つしかないので、こちらも争奪戦です!(笑)

 

f:id:ok723:20170809131905j:plain
お風呂に入ってさっぱりしたので、ラウンジでちょっとまどろんでから部屋に帰って12時頃に就寝しました。

 

別府に到着!

翌朝、6:30に起床。

2段ベッドの上段だったので、寝付くまでちょっと揺れが気になったけど、眠りについてからは目が覚めることもなく、ぐっすり眠れました。

 

別府到着が7:45なので、顔洗ったりメイクしたりして準備しているうちに

 

f:id:ok723:20170809145349j:plain
別府到着!!!
きたよ~~~別府~~~!

 

お迎えの人がちらほらいて、こちらを見て手を降ってくる。

そしてそれに気づいて、笑顔になる乗客を見て、ほっこり。

 

 

f:id:ok723:20170809145355j:plain
結構心配性なので

「もしもタイタニック的展開になったら、どうしよう…っていうか、私のジャックはいずこ…」

とか思ってましたが、氷山にぶつかることもなくそしてジャックに出会うこともなく、無事に別府到着しました(笑)

 

 

 

まず、大阪から別府までかかった費用と時間なんですが

  • 乗船費用:11,200円
  • 乗船時間:11時間50分

 

 

フェリー旅のメリットとデメリットまとめてみた

f:id:ok723:20170809111701j:plain
「さんふらわあ」を実際利用してみて感じた「フェリー旅のメリット、デメリット」をまとめてみました。

 

フェリー旅のメリット フェリー旅のデメリット
利用料金が安い(最安で7,900円) 到着まで時間がかかる
(11時間50分)
船の中に様々な施設が揃っているので、新幹線、飛行機、夜行バスでは味わえないワクワク感を体験できる 電波が弱いので、ネットが繋がりにくい。下手したら圏外になる。
船内を歩けるしベッドがあるので、座席に座りっぱなしでお尻や腰が痛くならない シャワーの数が少なく、待ち時間がある

 

まぁ、メリット・デメリット様々あるけど、

 

乗り物の中で一番ワクワクできる移動手段だと思います。

 

移動してるだけなのにワクワクできるって新幹線や飛行機じゃ体験できないもん。

 

ただ、乗船時間はだいぶ長いですね。

だから、時間に余裕のある人しか乗れないってのが難点ではある。

 

でも、よく遠足終わりに学校の先生が「帰るまでが遠足です!」って言うやん?

 

それと一緒で、きっと移動も込みで旅行なんやなって今回の船旅で思った。

 

だから、新大阪から新幹線で大分県すぐ到着!ってするよりも、ゆっくり目的地に向かっていくワクワク感が味わえるという点では、フェリーのほうが勝ってるんじゃないかなと。

 

移動中から旅気分を存分に味わいたいなら、フェリー一択です。

 

でも移動に時間あまりかけられない、かつ格安で行きたいあなたには、フェリーじゃなく飛行機か新幹線をおすすめします。

 

詳しくは、「大阪から大分まで格安で移動する方法を比較してみた」をどうぞ。

 

 

まとめ 移動中から楽しめるフェリー旅最高だぞ!

以上、フェリー「さんふらわあ」で大阪から別府まで乗ってみた乗船レポでした!

 

移動スピードは遅いけど、旅行気分を味わうには最適の移動方法やった〜。

乗ってるだけで「めっちゃたのしー!」ってなったもんなあ…。笑

 

 

フェリー旅、旅行としての満足度めっちゃ高くなるので、大阪から大分旅行計画中の方は、ぜひ一度利用してみてください。

 

 フェリーさんふらわあ公式サイト

 

 

あわせて読みたい
【料金比較】大阪から大分まで格安で移動する方法を調べてみた! 先日、大阪から大分旅行してきました! 暑かったけど、大分いいところやった~♪ 「大阪から大分行ってみ...

 

ABOUT ME
tatsu
tatsu
アラサーサブカル女、たっつんです♪ 映画、漫画、猫が好き。 現在はブロガー・イラストレーター・デザイナーとして活動中。 田舎に住みながらゆるくフリーランスしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。